個人情報保護方針

 情報処理サービスに関わる業務に携わり、受託業務を主として、さまざまな情報を取り扱っております。こうしたことから、個人情報を適切に扱うことは、たいへん重要な責務であると考えております。

 以下に掲げる基本理念及び方針を定め、それに従い当社の個人情報保護マネジメントシステムを確立するとともに、役員及び従業員に周知徹底し、個人情報の適切な保護に努めてまいります。

■ 基本理念
三愛総合商事株式会社は、個人情報保護について、「適切な個人情報保護マネジメントシステムの確立と、着実な実施」を行うことを基本理念とする。
■ 基本方針
三愛総合商事株式会社は、個人情報保護について、当社基本理念に基き、以下の通り基本方針を定める。
1.個人情報の取得・利用・提供の取扱い
 当社は、情報サービス業の業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立するとともに、個人情報の取得、利用及び提供において取扱う個人情報の特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)を行わないこと及びそのための措置を講じる。
2.法令・規範の遵守及び適合
 当社は、個人情報の取扱いにおいて当該個人情報の保護に適用される個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範を特定し、遵守する。また、当社の個人情報保護マネジメントシステムを、これらの法令及びその他の規範に適合させる。
3.安全対策の実施
 当社は、個人情報の漏えい、滅失又はき損の防止及び是正に努めるべく、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、安全対策を実施する。
4.本人からの求めへの対応
 当社は、本人から個人情報に関する開示、停止、削除等の苦情及び相談について求められたときは、法令等に照らし妥当な範囲でこれに応じることで、取得した個人情報に関する本人の権利を尊重する。
5.個人情報保護マネジメントシステムの策定及び継続的改善
 当社は、役員及び従業員に個人情報保護の重要性を認識させ、当社が取り扱う個人情報を適切に保護するための個人情報保護マネジメントシステムを策定し、これを実施し、継続的に維持改善する。

                         平成29年1月10日

                         代表取締役  新居田 淑朗